眼精疲労・老眼の改善・治療

眼精疲労・老眼は目に関する反応部に 現れるコリを刺激すると改善します

変化を実感する確率85%

眼精疲労or老眼 ルート治療 約60分

初回特別価格→5,000円


眼精疲労・老眼ケアの効果をお試しください

眼精疲労・老眼チェック

【こんな症状が出たら眼精疲労・老眼のサイン】

  • 小さな文字が見えない
  • 電話が見づらい
  • 本を読みづらい
  • 文字がボヤける
  • 目が疲れる

これらのサインを放置すると

老眼が進行します

眼精疲労・老眼の原因

  1. 水晶体の弾力が低下
  2. 毛様体筋のコリ
  3. 目の酷使による血流不全

〈水晶体の弾力が低下〉
水晶体の厚みが変えられないのでピント調節ができなくなり近くのものが見えなくなります。

〈毛様体筋のコリ〉
水晶体の厚みを変えるのは毛様体筋です。毛様体筋にコリがあると老眼に繋がります。

〈目の酷使による血流不全〉
パソコン、携帯など長年の酷使によって水晶体、毛様体筋などの血流が悪くなっています。

眼精疲労・老眼ケアで改善・治療

〈眼精疲労・老眼ケアの流れ〉 ①まずうつ伏せになってうつ伏せで体全体の状態をチェック。 背中→肩→首のコリを探し鍼を刺し周辺のコリをルート治療で少しずず取り除いていきます。

②次に仰向けになってうつ伏せで体全体の状態をチェックし、目の周りのコリのルートをしっかり探し、取り除いていきます。人それぞれコリの形、範囲など変わります。

しっかりコリに刺激することによって

①目の血流が改善
②毛様体筋が柔らかくなる
③水晶体の厚みが変わる
④小さな文字が見える

〈不安解消メモ〉
・目に直接、鍼はしません
・痛みはほとんど感じません
・時間は約30分(初回は約60分)
・肩こりのケアも一緒にできます
・1回でも変化します
・治療回数の目安は5~15回

眼科での老眼治療

眼科でも老眼治療が行われています。
主な治療方法は目の手術です。

・モノレーションレーシック
角膜を削る方法。約50万円~

・フェイキックレンズ
角膜の内側にレンズを入れる方法。約41万円

・リーディングアイ
角膜にレンズをかぶせる方法。約36万円~

眼科では角膜の手術をします。
※角膜とは水晶体の表面にある透明な膜

これらの価格はなんと「片目の料金」です。
つまり両目を手術して診察とかも含めたら100万円ぐらいはかかるでしょう。
保証期間は3年というのが一般的です。

眼精疲労・老眼ケアに鍼をすすめる理由

①老眼の根本治療
老眼の原因である水晶体、毛様体筋へアプローチ

②角膜を傷つけない
手術をしないので失敗するリスクがない

③値段が安い
眼科は約50〜100万円以上
鍼灸は約5万円~

④体質改善
肩こり、頭痛などの症状も改善しやすい

『眼精疲労・老眼を改善治療するには?』

眼精疲労or老眼ケア 約60分

→ 初回特別価格:5,000円


眼精疲労・老眼ケアの効果をお試しください


施術中・出張施術中は電話に出れません。 LINEで連絡いただけるとスムーズです 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。